☆ついてる男【Carkey】の【心】の健康法☆

【心身ともに健康に!】をテーマに、主に心身の【心】の健康法について書いています。また【Negative】だった自分がどうやって【Positive】になったのか、そして、なぜ【ついてる男】なのか全部書いていきます!◆この度、ゲーム感覚で【Positive】になれる講演を開始することにしました!ご依頼・ご質問等はDMお待ちしております☆ https://twitter.com/C_a_r_k_e_y

自分には【才能】があるのか?

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

何かを始める前や、始めた直後すぐに成果が出ないと

 

「自分には才能があるのか?」

 

気になったり、不安になったり、疑心暗鬼になったりしませんか?

 

正直、自分に才能があるかなんてわかる人は、ほんの一握りだと思います。

逆に、自分の才能があるかわかれば、それこそ才能ですよね。

 

そんな状況下でも

 

「自分には才能があるんだ!」

 

と自分自身を奮い立たせ、勇気を出して頑張っている方がほとんどでしょう。

 

まぁ、才能のない私が言っても説得力はないと思いますが

 

「才能よりも継続」

 

が重要だと思います。

 

いくら自分には才能があると思い込んだとしても、残念ながら初めは失敗することの方が多いでしょう。

もしかしたら、失敗が続くかもしれません。

 

そんな時にいちいち

「自分には才能があるのか?」

と自問自答していても仕方がないんです。

それよりも、失敗の原因を分析し、次回に活かすことを考えればいいんです。

 

そうして、何度も何度も繰り返して成果を出していくんです。

 

その積み重ねが経験値となり、やがてその経験値は、知識という名の「財産」となります。

 

その財産が増えれば増えた分だけ失敗もしにくくなります。

そして、応用を利かせれば他のジャンルにだって活かすこともできます。

 

精神論は時には大切ですが、精神論だけでは成功することはできません。

それ相応の努力は少なからず必要です!

 

成功するために努力を継続しましょうね☆

 

 

では、第172回はおしまいです。

【ティーチング】と【コーチング】

 

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

会社や組織に属していると

 

「指示待ち人間」

 

がいることがあります。

 

指示待ち人間の特徴として

 「教えられたことしかできない」                 

「指示されないと動けない」

「何かわからないことがあっても、自分で調べずに人に聞く」

「トラブルがあっても自分1人で解決できない」

 

こんなところでしょうか。

 

では、どうしてこういった指示待ち人間ができてしまうのでしょうか?

もちろん、指示待ち人間本人にも原因がありますが、教える側にも問題があります。

 

そこで関係するのが「ティーチング」と「コーチング」です。

※ティーチングとコーチングについてはこちらにわかりやすく書いてあるので参照ください

http://kurisu-sora.com/coaching/coaching-teaching/

 

今回伝えたいのは

 

「どちらが良いとか、どちらが悪いとか話ではなく、状況に合わせての使い分けが必要」

 

ということです。

 

誰かを育成したいと思うなら、間違いなくコーチングをするべきです!

しかし、日本人はコーチングがとても苦手な人種です。

なぜなら、以前も書いた「スポ根魂」が根強く残っているからです。

 

でも、苦手だからといって避けていては人材は育ちません。

そして、ティーチングをすることで、相手の成長を奪っているかもしれません。

 

ということは…

 

「指示待ち人間は自分の意図しないところで指示待ち人間にされてしまっている」

 

かもしれません。

 

なので、今後指示待ち人間に会ったからといって、ダメだと決めつけるのではなく

 

「もしかして、その指示待ち人間は被害者なのかもしれない」

 

という視点も持って接してみてください。

 

その上で相手を判断しても全然遅くないと思いますよ☆

 

 

では、第171回はおしまいです。

【ブログ】を毎日書くコツ、そして…

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

ブログを毎日更新して4ヶ月以上経ちました。

 

たまに

 

「毎日更新するのって大変じゃないか?」

 

と聞かれることがありますが、慣れてしまえば平気です。

 しかも、毎日更新するのは仕事ではないため、義務化されていません。

 

なので、止めようと思えばいつでも止めます。

(まぁ、止めませんけどねw)

 

あくまで私自身のルールですが、ブログを毎日更新するからといって、内容が余りにも適当で、薄っぺらいのであれば更新しない方がマシだと思っています。

 

とはいえ、毎回書きたいテーマが明確に決まっていて、文章もある程度頭の中で出来上がっているというわけではありません。

 

では、どうしているか?

こちらもあくまで私のやり方ですが、まずその日書くテーマを決めます。

 

頭の中に既に色んな文章が浮かんでいることありますし、テーマ以外は浮かんでいないこともあります。

 

でも、そんな状態でも書き始めます。

いつもスマホかPCで書いているので、例え文章の構成etcがおかしかったとしても、簡単に手直しができるので、細かいチェックは後回しにして、とりあえず書きます。

 

そうしてしばらく書いていると、書き始めた時には浮かんでいなかった良い内容が降りてくることが多いです。

そうしたら一気に最後まで書き終える、といった流れです。

 

しかし、今回伝えたいことは、私のブログの書き方ではありません。

 

伝えたいことは

「文章が全部出来上がっていなくても、とりあえず始めてしまえば完成する」

ということです。

 

そう、重要なのは

 

「手を動かすこと」

 

です。

 

いくら頭の中で考えていても、構成を練っていっても、それはまだ頭の中にあり、現実の世界には出て来ていません。

なので、それを早く現実の世界に出してあげないといけません。

そのために、手を動かすことが重要なんです。

手を動かさないと、降りてくるものも降りてこないんです。

 

このことはブログ以外のことにも当てはまります。

「机上の空論」ではありませんが、考えていただけでは何も生まれません。

 

1歩踏み出すことで、結果が成功であれ失敗であれ、何かしらの経験をすることができます。

この経験こそがとてつもない財産になるんです。

 

ムダな経験なんて1つもありません!

もし、ムダな経験をしたと思っていることがあるなら、それは

 

「アナタがムダのままにしたままで活かせていないのが原因」

 

です。

なので、もう1度思い返してみてください。

 

 

ここまで読んでいただけたのであれば

「1歩踏み出すことの重要さ」

が伝わりましたよね?

 

 

あとはアナタ次第ですよ☆

 

 

では、第170回はおしまいです。

【適度に】そして【柔軟に】

 

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

何かを始める時、または始めた時に目標を設定すると思います。

そして、その目標達成のために何をすべきか細分化して、1つずつ着実にこなしていくというのがセオリーかと思います。

 

その過程の中で、やり方(手段)を変更したり、時には目標達成が難しそうであったり、あまりに無謀であれば変更をすることもあるかと思います。

 

本来であれば、初めに決めた目標を、初めに決めたやり方(手段)で達成できるのが理想かと思いますが、変更を余儀なくされることもあるでしょう。

 

今回伝えたいことは

 

「初めから変更ありきで考えるのは良くありませんが、熟考し過ぎて何もできないくらいなら、とりあえず始めてみましょう!」

 

ということです。

 

仮に失敗したとしても、そこで終わりにしなれば、それはのちに成功への布石となりますしね。

 

あと、自分に厳しくするのもアリかと思いますが、自分自身をルールでがんじがらめに縛りつけないでくださいね。

逆に緩くし過ぎるのもナシですよ。

 

自分自身を鎖で縛りつけたら身動き取れませんし、伸びきったゴムだと、そもそも縛れないですしねw

 

適度に、柔軟に対応しましょう!

 

 

では、第169回はおしまいです。

最後に食べたい料理

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

「亡くなる前、最後に何を食べたいですか?」

 

こんな質問を見たり、聞いたりしたことはありませんか。

かなりベタ中のベタなのでよく見聞きしているかもしれませんね。

 

そして、芸能人や有名人は

「〇〇というお店の△△」

と回答することが多いですよね。

 

確かに有名店や人気店の商品は美味しんでしょう。

 

「でも、人生を終える最後の最後に本当にそれが食べたいのか?」

 

と思うのは私だけでしょうか。

 

正直、私はグルメでも食に詳しいわけでもありません。

しかし、美味しい、美味しくないの判断はかなり正確だと自負しています。

 

お店で料理を食べたり、何か買って来て食べても美味しい物は美味しいです。

でも、私的には何か足りません。

 

それは、調理してくれた人が、私のために、私の喜ぶ顔を想像しながら作ってくれた料理ではないからです。

 

もちろん、私のために、私の喜ぶ顔を想像しながら作ってくれることもありますが、そこには「愛情」が足りません。

 

時には、私のために、私の喜ぶ顔を想像しながら、愛情をこめて作ってくれることもありますが、「お店とお客」と関係性がある以上、そこには「金銭」が発生します。

 

では、私のために、私の喜ぶ顔を想像しながら、金銭が発生せずに愛情をこめて作ってくれる料理とは何でしょうか?

 

それは

「妻の料理」

と辿りつきました。

 

その中でも

 

「おにぎり」

 

が私的には1番愛情が伝わります。

 

なので

「亡くなる前、最後に何を食べたいですか?」

という質問に対する私の回答は

 

「妻の作ったおにぎり」

 

と迷わず答えます。

 

別にのろけでも何でもありません。

料理以外でも無償の愛で家族に何かしてもらっていることはありませんか?

では、逆にアナタは無償の愛で何かをしてあげていますか?

 

何気ない日常生活を当たり前だと思わず、日々感謝しながら生きましょうね☆

 

 

では、第168回はおしまいです。

【努力家】or【天才肌】

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

突然ですがアナタは「努力家」ですか?

謙遜することなく、正直に答えてみてください。

 

「Yes」と答えたアナタ。

正直に答えていただきありがとうございます。

間違いなくアナタは努力家なのだと思います。

 

「No」と答えたアナタ。

こちらも正直に答えていただきありがとうございます。

 

そんなアナタに別の質問です。

 

「努力家」になりたいですか?

しかし、残念ながら、実は「努力家」とは努力でなれるものではありません。

 

「えっ⁉努力家なのに?」

そう思いますよね。

 

「努力家」とは言わば性格の一種で、生まれつきのものです。

もっと言えば、前世から引き継いでいるものです。

 

信じられないですよね?

無理に信じなくていいですからね。

 

でも、努力家の人は努力することは苦ではありません。

なぜなら、努力する性格の人だからです。

 

それに対して、努力家でない人は、元々努力する性格ではないので、努力することが苦痛であったり、努力をすることでストレスが溜まり継続できないのです。

 

そういった人は「天才肌」」なんだと思います。

努力するよりも、一瞬のひらめきや、感覚で行動することに長けています。

なので、逆に努力家の人が「天才肌」になりたいと思っても、なることができません。

 

どうですか?

先ほどまで信じられなかった方も「努力家」と「天才肌」を並べることで、少しは信頼度が増しましたか?

とはいえ無理に信じる必要はないですからね。

 

ただ、自分自身が「努力家」なのか「天才肌」なのか自己分析しておいた方が、何かをする時に効率的に物事を進めることができると思いますよ☆

 

 

では、第167回はおしまいです。

宝くじの【高額当選者】を教訓に!

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

「宝くで1等や高額当選をした人の80%以上の人が、その後、借金生活を送っていたり、自己破産をしている」

 

というデータがあります。

 

これはなぜがわかりますか?

 

今まで持ったことのない大金を持ったために、金銭感覚が狂ってしまったのが主な原因です。

 

浪費を重ねたり、大きな買い物をしたり…

全く計画性がないですよね。

 

しかも、家を購入すれば固定資産税がかかるのに、そのことも考えずに購入してしまう…

「そんな嘘みたいな話あるのか?」

って思っていませんか?

 

しかし、それが現実に起きているんです。

80%以上の人が、借金生活を送っていたり、自己破産しているんです!

 

ただ、1等や高額当選はめったにあるものではないので、あまりしっくりこないかもしれないので、もっと身近な話をしたいと思います。

 

少し収入が増えると、すぐに生活レベルを上げる人がいます。

人間とはダメな生き物で、1度生活レベルを上げてしまうと、なかなかレベルを下げることができません。

そのため、金銭的に余裕がなくても1度上げてしまった生活レベルにすがろうとします。

 

まさに「悪循環」ですよね。

 

なので、もし収入が増えたとしても、すぐに生活レベルを上げることはオススメしません。

生活レベルを上げることはすぐにできますし、なかなか下げることができないですからね。

それよりも、増えた収入を資金にして、さらに増やすことを考えた方がいいです。

 

自分なりの

 

「お金を増やす仕組み」

 

をいち早く確立し、その仕組みに投資した方がいいです。

 

この仕組みが盤石なものになれば、複利でさらに資金を増やすことができるでしょう。

 

今の生活で我慢できているのであれば、今生活レベルを上げるのではなく、徹底的に資産を増やしてからでも遅くないと思いませんか?

 

「目先の利益をとるか?継続して安定した利益をとるか?」

 

継続して安定した利益をとりたいと思う方がほとんどだと思いますが、実際その場面に遭遇すると、目先の利益をとる人がほとんどだということです。

 

「自分は大丈夫!」

と思っている方でも、その可能性を含んでいます。

 

もし、その場面に遭遇した時は、この記事を思い出し、一旦冷静に考えてみてくださいね☆

 

 

では、第166回はおしまいです。

徹底的にマネていますか?

 

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

何かで成功したいなら

 

「成功者や憧れの人をマネをする」

 

というのが定説です。

このことは以前にも書いたと思います。

 

しかし

 

「それでも成果が出ない!」

 

なんてことはありませんか?

 

それは、この定説が間違っているのではなく、自分自身のマネ方が悪いと思った方がいいです!

 

「マネるなら徹底的にマネましょう!」

 

多分、中途半端でマネしきれていないんだと思います。

 

自分の考えよりも徹底的にマネすることを優先に続けると

「これはマネできないな」

「これだったら、こっちの方がいいな」

といった様に要領を掴んだり、自分なりの考えが必ず浮かんでくるはずです。

 

自分のオリジナリティを加えるのは、ある程度の成果が出てからでも決して遅くありません。

 

まずは成果を出すことを最優先に考え、どうしたら成果がでるかやるべきことを逆算して考えるべきです。

 

とはいえ、自分で1から考えなくても、成功者や憧れの人が逆算して成果を出しているはずなので、マネをするのが最善かつ近道だと思います。

 

今回の内容は短いですが、私も含め誰しも壁にぶち当たることがあると思います。

そんな時は、原点に返るじゃないですが、このことを思い出してみてくださいね☆

 

 

では、第165回はおしまいです。