質問型の実践形式でPositiveへ☆心身ともに健康になるブログ

自身の経験を活かし考案した「ゲーム感覚で【ポジティブ】になれる」セミナー実施中!「【ポジティブ】な人を1人でも多く増やす」ために活動中です!活動の理由は?それは幸せな人を1人でも増やすため!自分1人だけ幸せになっても淋しいだけで、皆で一緒に幸せにならないと意味がないですよね😊

【潜在意識】はメリットしかない!?

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

前回【寝言】=【潜在意識】の話を実体験を交えて紹介しましたが、いかがでしたか?

 

今回は、寝言ではありませんが、「潜在意識」の別の実体験を紹介したいと思います。

 

私は、妻と結婚してから4年目で息子を授かりましたが…

 

実は、これは偶然ではないということです!

 

私と妻は結婚当初から何度も話し合い

「新婚生活を満喫するために丸3年は子づくりはしない」

と決めていました。

 

そう決めたあとでも、妻から

「もう少しタイミングを早めようか?」

「1年遅らせようか?」

と相談をされたこともありましたが、私自身の考えは変わりませんでした。

 

ずっと、結婚してから丸3年経ってからと決めていましたし、3年後にすぐ授かるイメージを沸かせていました。

 

なので、実際3年経った時には、根拠はありませんが絶対にすぐに授かると揺るぎない自信がありました。

 

そして、その自信は現実となりました!

 

初めての子づくりで、ありがたいことに授かりました。

 見事に潜在意識に擦り込まれたイメージが現実となったんです。

 

実は、妊娠初期中の初期にも関わらず、沖縄に行き、海や川で遊んでいました。

初めての妊娠ということで私と妻は知識がなかったとはいえ、とても危険な行動をとっていたと反省しています。

 

流産していてもおかしくない状況にも関わらず、無事に産まれてきてくれた息子に感謝するとともに、改めて潜在意識の凄さを実感しました。

 

結婚3年後の子づくりで授かり、無事に産まれてくることを何度も何度も、繰り返し繰り返しイメージすることで、潜在意識に擦り込まれ現実化されたという実体験でした。

 

ここまで、ぶれずにイメージできたのは、前回紹介した【寝言】=【潜在意識】の体験をそれまでにしていたので、潜在意識に絶大な信頼を寄せていたことが大きいと思います。

 

「ついてる」という言うのと同様に、現実化したいイメージを潜在意識に擦り込ませることは、費用もかかりませんし、労力も不要です!!!

 

なので、イメージするだけした方が断然オトクですよ☆

 

 

では、第39回はおしまいです。