質問型の実践形式でPositiveへ☆心身ともに健康になるブログ

自身の経験を活かし考案した「ゲーム感覚で【Positive】になれる」セミナー実施中!「【Positive】な人を1人でも多く増やす」ために活動中です!活動の理由は?それは幸せな人を1人でも増やすため!自分1人だけ幸せになっても淋しいだけで、皆で一緒に幸せにならないと意味がないですよね😊

自分自身を許していますか?

 こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

突然ですが、アナタは自分自身のことを許していますか?

 

以前「許す」ことの大切さについて書きましたが、今回はより詳しく書きたいと思います。

 

早速本題に入りますが、他人のことを「許す」ことは意外と意識すればできたりします。

 

なぜなら、相手に嫌なことをされたり、ミスをしたことに気づくタイミングがあるからです。

その時にNegativeな感情を抑え「許す」ことでPositiveに変換することができます。

 

これが他人を「許す」時のオーソドックスな流れだと思います。

 

しかし、これが自分のことになるとどうでしょうか?

 

他人に優しく、自分に厳しく…

人として素晴らしいかもしれませんが、それ故に自分に厳しくし過ぎてませんか?

そのため、いつまでもミスをしてしまった自分を責めたり、悔やんだりしてませんか?

 

人間誰しもミスをします。

ミスをしてしまった時は十分に反省をしてください。

そして、十分に反省をしたなら、自分を責めるのではなく許してあげてくださいね。

 

では、自分を許せないとどうなるのでしょうかか?

 

許せなかった出来事がNegativeな過去として残ってしまいます。

 

Negativeな過去をアナタ自身が増やしていませんか?

または、知らず知らずのうちに、Negativeな過去を蓄積しているかもしれません。

 

自分の気付かないところでNegativeな過去が蓄積されたら嫌ですよね。

 

でも、日本人の良いところであり、悪いところでもあると思いますが、マジメ過ぎるが故に、必要以上に責任を感じたり、自分を責めてしまうのかもしれません。

 

そのため、気づいた時にはNegativeな過去が蓄積されまくり…

こんなところではないでしょうか。

 

これはあくまで私の見解ですが、Negativeな過去が蓄積されていることに気づける人はいいのですが、大抵の人は知らず知らずのうちに…だと思います。

 

知らず知らずのうちだと、気づけずに困っちゃいますよね?

 

でも、安心してください!

 

もし、気づいたときにNegativeな過去が蓄積されてまくっていたとしても、今のアナタはPositiveに変換する術を知っていますよね?

 

「どうやって変換するの?」

はナシですよw

 

今現在、自分自身Negativeな過去が蓄積されていないかチェックしてみてください!

 

そして、今後は定期的にチェックすることを習慣づけてみてください!!!

 

本当にオススメです☆

 

 

では、第45回はおしまいです。