☆ついてる男【Carkey】の【心】の健康法☆

【心身ともに健康に!】をテーマに、主に心身の【心】の健康法について書いています。また【Negative】だった自分がどうやって【Positive】になったのか、そして、なぜ【ついてる男】なのか全部書いていきます!◆この度、ゲーム感覚で【Positive】になれる講演を開始することにしました!ご依頼・ご質問等はDMお待ちしております☆ https://twitter.com/C_a_r_k_e_y

【セカンドオピニオン】の重要さ

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

「もうこの病院に通院するのは止めよう。」

 

そう決断した理由は

 

「全スタッフの対応です。」

 

・受付

・看護師

・医師

 

全員に対して、あまりいい印象を持てませんでした。

しかも、担当の先生は、明らかに手術を推奨している感が伝わってきました。

 

家に戻り、早速妻に思いの丈を伝えました。

すると、妻も以前から私と同じ思いを持っていたとのことです。

でも、他の病院にさらに転院するにせよ、どうしたらいいか悩んでいたようです。

 

私は迷うことなく妻にこう言いました。

 

「東京都立小児総合医療センターで診てもらおう!」

 

科が異なるとはいえ、便秘ですでに通院していたので、受付、看護師、医師の雰囲気は何となくわかっていましたし、大切な息子を診てもらうなら、私たち夫婦が安心して任せることのできる病院がいいと思っていたからです。

 

早速、次の日、地元の病院に電話をし、紹介状を書いて欲しい旨を伝えました。

用意するのに1週間かかると言われたので、1週間後に受取りに行き、その日のうちに、東京都立小児総合医療センターに電話をし、診察の予約を取りました。

 

いよいよ、東京都立小児総合医療センターでの初診の日が来ました。

息子は何度も来たことがある病院なので、場所見知りで泣くことはありませんでした。

 

そして、診察してくれた先生も、便秘(消化器科)の先生とはタイプが異なりますが、しっかりと診てくれたので信用できました。

 

そして、何より嬉しかったのが、この先生も私たち夫婦に安心する言葉をかけてくれました。

 

「触診した感じ、確かに(睾丸)位置は高めかもしれません。

ただ、お話をお伺いする分だと、お風呂に入っている時や、暑い時(夏etc)はちゃんと下がっているので大丈夫だと思います。

これが、同じ状況でも上にあがったままだったら要注意です。

オムツを替える度にじゃなくていいので、お風呂に入ってる時だけでもいいので、ちゃんと下がっているか確認して、また来てください。」

 

「えっ⁉手術しなくていいんですか?」

 

その思いを抑えられず、先生に質問すると

 

「とりあえず、今すぐに手術するレベルではありません。

なので、一旦様子を見てみましょう。

次は半年後で大丈夫ですので、その時、状況を聞いてから判断しましょう。」

 

あまりの診察結果の違いに驚きを隠せませんでした。

そして、手術しなくていい可能性がグッと高くなった気がしたので、本当に嬉しかったです。

 

「前の病院に通院し続けていたら、手術されていたかもしれない…」

 

と、肝を冷やしました。

 

同時に、東京都立小児総合医療センターへ転院することを決断して本当に良かったと思いました。

 

改めて、セカンドオピニオンというか、信頼できる病院、先生の存在はとっても重要だと実感した瞬間でした☆

 

 

では、第75回はおしまいです。