☆ついてる男【Carkey】の【心】の健康法☆

【心身ともに健康に!】をテーマに、主に心身の【心】の健康法について書いています。また【Negative】だった自分がどうやって【Positive】になったのか、そして、なぜ【ついてる男】なのか全部書いていきます!◆この度、ゲーム感覚で【Positive】になれる講演を開始することにしました!ご依頼・ご質問等はDMお待ちしております☆ https://twitter.com/C_a_r_k_e_y

【本質】を見極める!

 

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

突然ですが、アナタは年賀状を書いていますか?

 

私は、昨年から書くのを止めました。

これは、前々から考えていて決めたことです。

 

様々なコミュニティーに属していると思うので、書かなければいけない方も多いと思いますが、あくまで個人的な意見を言わせてもらうのであれば

 

「年賀状は不要!」

 

だと思います。

 

もちろん、年賀状にも昔ながらの良い点はあるとは思いますが、ここまでインターネット、SNSが普及した社会で果たして必要なのかと。

 

年賀状のデザインを選ぶ、コメントを書く、住所を書くといった労力は私にとってはムダでしかありません。

 

その労力を他に費やした方がよっぽど効率的だとさえも思っています。

 

ただ、今回は年賀状がムダであることを言いたいのではありません。

 

年賀状はあくまで一例で本当に言いたいことは

 

「物事の本質を見極める目を養いましょう!」

 

ということです。

 

どういうことか、わかりやすく説明しますね。

 

年賀状を書くことで1番得するのは誰ですか?

 

アナタですか?

家族ですか?

親戚ですか?

友人ですか?

上司ですか?

同僚ですか?

部下ですか?

取引先ですか?

営業先ですか?

 

私は、今挙げた誰でもないと思っています。

 

1番得をするのは

「紛れもなく日本郵便」

です。

 

年々売上げが下がっているとはいえ、年に1度のかきいれ時です。

 

「年賀状を損得勘定で判断するのか!」

 

という批判もありそうですが、この事実は間違いありません。

 

ただ、年賀状や日本郵便を批判したくてこんなことを言っているわけではありません。

 

「物事の表面だけを見るのではなく、その芯・核となる本質を見極めることをしないと成長することも成功することもできませんよ!」

 

と言いたいんです。

 

今回はわかりやすく、損得勘定を例に挙げましたが、人間関係においても同じことが言えます。

 

変に勘ぐり深くなってしまうことをオススメしているわけではありませんが、ビジネスにおいても、人間関係においても騙されないよう見極める目を養っていってくださいね!

 

 

では、第89回はおしまいです。