☆ついてる男【Carkey】の【心】の健康法☆

【心身ともに健康に!】をテーマに、主に心身の【心】の健康法について書いています。また【Negative】だった自分がどうやって【Positive】になったのか、そして、なぜ【ついてる男】なのか全部書いていきます!◆この度、ゲーム感覚で【Positive】になれる講演を開始することにしました!ご依頼・ご質問等はDMお待ちしております☆ https://twitter.com/C_a_r_k_e_y

【依存】

 

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

サラリーマン、OL経験者の方は次のような経験はありませんでしょうか?

 

突然の出張

予期せぬ異動

業績不振による賞与カット

 

要は

 

「望んでいないことを受け入れなければいけない」

 

という経験です。

 

やりたくない仕事を振られるのも同様ですね。

 

会社・組織に属し、給与を支給されている以上、与えられた仕事、指示は断れません。

もし断ったとしたら、左遷、降格、場合によっては退職に追い込まれるかもしれませんね。

 

やりたいこととやりたくないこと、その間(はざま)でストレスを溜め込んでいく…

 

状況を回避したいのであれば、環境を変えるしのも一つの選択肢です。

 

しかし、環境のせいにして転職したとしても、また環境のせいにしてしまうでしょうけど…

今回伝えたいことはこのことではないので割愛しますね。

 

今回伝えたいことは

 

「なぜ、やりたくないことをやらなければいけない、受け入れなくてはいけないか?」

 

ということです。

 

その答えはいたってシンプルで

 

「会社に依存しているから」

 

です。

 

会社は毎月の給与と年に何回かの賞与を与え、福利厚生の面でもしっかりと守ってくれます。

なので、文句を言う前にその分の対価として、しっかりと会社・組織のために仕事をしなければいけません。

まぁ、現在は全然守ってくれないブラック企業が横行していますが…。

 

会社がブラックであろうが、ホワイトであろうが、会社からの給与をメインの収入(収益)としているのであれば、会社に依存していることになります。

 

わかりやすくいうと

 

「会社を辞めたら、メインの収入(収益)がなくなり生活できませんよね?」

 

ということです。

 

他の収入(収益)で生活でくるのではあれば、会社に依存はしていないため、もし何かあった時でも安心でしょう。

逆に、給与以外の収入(収益)がないのであれば、もし何かあった時のことを考えると不安で仕方ないと思います。

(何かあった時のことを考えていない方は今回割愛しますね)

 

会社に依存しないためにも、いち早く自分自身で稼ぐスキルを身につけるべきです。

初めは失敗を繰り返し、なかなか収益がでないかもしれませんが、1円でも稼ぐことができたのであれば、それは立派なスキルです。

 

SNSのプロフによく

「月〇万円稼ぎました」

「年商〇億円」

といった文言が書かれているのを見ますが、一切無視で大丈夫です!

他人と比べて必要以上に落ち込む必要はありません!

そもそも、本当かどうかも怪しいですしね。

 

まずは1円でも稼ぐことできたのであれば、その金額が少しでも増えるように努力を続けるまでです。

 

今後、月の収益をバカにしてくるような人が出てきた時は、その人とは徹底的に距離をとることを強くオススメします。

何なら縁を切ってもいいとも思います!

 

「0円→1円=ない→ある」

 

簡単なようで、とてつもないことです。

それができずに挫折していく人が本当に多いんです。

 

また、自分の収益が増えたからといって、他人の収益をバカにするようなことは絶対にしてはいけません!

なぜなら、どんな成功者であっても収益0を経験しているからです。

その痛みがわかっているのであれば、決して他人の収益をバカにすることなんてできないはずです。

 

目標を高く設定することも大切ですが、見栄を張ってもしかたありません。

まずは、自分の身の丈に応じた設定にして、その目標を着実にクリアしてから次の目標と設定していきましょう。

 

そして、目標を設定した際は

 

「目標達成のためにすべきこと」

 

を逆算して考え、それをひたすらこなすだけです。

 

ただ、言葉にするのは簡単ですが、実際行動が伴わない人が多いのも実情です。

決して負けてしまわずにお互い頑張りましょう!

 

今回、主に「お金」にフォーカスして書きましたが、お金以外の目標も考え方としては同じです。

 

「目標達成のためにすべきこと」

 

このことをロジカルに考えれば、ほぼ達成したも同然ですよ☆

 

 

では、第155回はおしまいです。