質問型の実践形式でPositiveへ☆心身ともに健康になるブログ

自身の経験を活かし考案した「ゲーム感覚で【Positive】になれる」セミナー実施中!「【Positive】な人を1人でも多く増やす」ために活動中です!活動の理由は?それは幸せな人を1人でも増やすため!自分1人だけ幸せになっても淋しいだけで、皆で一緒に幸せにならないと意味がないですよね😊

【質問】どちらが悪いでしょうか?

 

 

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

先日、こんな場面に遭遇しました。

 

私の前をある中年男性が歩いていました。

その中年男性の進行方向と交差する感じで若い女性が歩いて来ました。

しかも、その女性はスマホを操作しながら歩いています

 

「このままだと2人はぶつかるのでは!?」

そんな予感が…。

すると、その予感は的中し、2人は衝突してしまいました。

  

ここまでの説明を読んでどう思いましたか?

この質問では漠然とし過ぎているので、別の聞き方をしますね。

 

「衝突した要因は、中年男性と若い女性、どちらにあると思いますか?」

 

こういう質問をするとほぼほぼ皆さん、要因は若い女性にあると答えると思います。

 

なぜならスマホを操作しながら歩いていたからです。

 

スマホの操作をしていなければ、衝突を避けられたかもしれないと考えますよね?

当然だと思います!

 

ただ、今回はそうじゃないんです!

確かに、歩きながらスマホの操作をしていた若い女性には問題があります。

しかし、中年男性にも問題があったんです!

 

その中年男性は、言葉は悪いですが、品もなくガラも良くありませんでした。

自分の歩きたい進路をひたすら突き進んでいました。

 

そのため、明らかに若い女性に気づいたはずなのに、進路を変えたり、避けようとしようとしませんでした。

 

なので、衝突は必然と言えば必然でした。

しかも、衝突した後に、若い女性を睨みつけ文句も言っていました。

挙げ句には信号を無視して横断歩道を渡って行きました。

  

どうでしょう?

ここまで説明した上で、同じ質問をしますね。

 

「衝突した要因は、中年男性と若い女性、どちらにあると思いますか?」

 

今回は、意見が分かれると思います。

 

しかし、今回伝えたいことはどちらが、正しいか否かではありません。

 

では、何を伝えたいか?

 

「若い女性がスマホの操作をせず、普通に歩いていたとしても衝突していたかもしれない」

 

ということです。

 

誰にでも、自分が悪くなくても事故に巻き込まれてしまう可能性、危険性があります。

それが危険な状況でなく、普通に歩いていたとしてもです。

 

自分の身は自分で守るしかありません!

恐怖心を煽るつもりはありませんが、一歩家から出たら危険を伴うと認識しておいた方がいいかもしれません!

 

お互い十分に気をつけましょうね!

 

 

では、第253回はおしまいです。