質問型の実践形式でPositiveへ☆心身ともに健康になるブログ

自身の経験を活かし考案した「ゲーム感覚で【Positive】になれる」セミナー実施中!「【Positive】な人を1人でも多く増やす」ために活動中です!活動の理由は?それは幸せな人を1人でも増やすため!自分1人だけ幸せになっても淋しいだけで、皆で一緒に幸せにならないと意味がないですよね😊

【可愛い老人】・【可愛くない老人】

 

 

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

先日、病院に行った時の出来事です。

 

診察を受けるため、受付表を担当窓口に渡すために並んでいました。

 

すると、そこへ老夫婦がやって来て、窓口に並ばずに直接診察室へ入って行ってしまいました。

 

すぐに診察室から出て来て、窓口に受付表を渡すように説明されていました。

しかし、また受付表を渡さずに、診察室へ入って行き、同じ説明をされていました。

 

今回、診察を受けるのはご主人のようで、診察室に入ってしまったのもご主人でした。

 

病院の対応は問題なく、むしろ丁寧でした。 

それでも、2回同じ間違いをしたご主人は声を荒げて怒り始めました。

 

「俺はお客様だぞ!」

 

奥さんがたしなめていましたが、ご主人の怒りは収まらずブツブツ言っていました。

 

それでも、最終的には致し方なく担当窓口の列に並んでいました。

 

この一連の流れを見ていた私は、つくづく反面教師にしなければいけないと強く思いました。

 

確かに病院にとって患者は患者であると同時にお客です。

でも、病院に限らずどんな場面であれ客だと威張るのは絶対に違うと思います!

 

ましてや病院で診察を拒否されてしまったら、最終的に困るのは自分自身ですしね。

 

お互い気持ち良くサービスを提供する、提供してもらうには、

「冷静且つ謙虚さ」

が、欠かせませんよね。

 

今後自分が老人と呼ばれる年齢になった時には、今日の教訓を活かした老人になると誓った日でした。

 

 

では、第256回はおしまいです。