質問型の実践形式でポジティブへ☆心身ともに健康になるブログ

自身の経験を活かし考案した「ゲーム感覚で【ポジティブ】になれる」セミナー実施中!「【ポジティブ】な人を1人でも多く増やす」ために活動中です!活動の理由は?それは幸せな人を1人でも増やすため!自分1人だけ幸せになっても淋しいだけで、皆で一緒に幸せにならないと意味がないですよね😊

自分を追い込む

こんばんは。

ついてる男【Carkey】です☆

 

第2子が誕生したことで、長男が兄としての自覚を持ち、グッと成長しました。

 

具体的には、夜は妻の絵本の読み聞かせがないと寝られなかったのが、私が代わることもなく、読み聞かなしで寝られるようになりました。

 

そして、いつもは朝起きるとオムツがパンパンな状態になっていましたが、1回も寝ている間にしなくなりました。

 

また、お風呂もたまに毎日入るのを嫌がりましたが、しっかりと毎日入るようになりました。

 

父親として本当に嬉しい限りです。

 

今日も病院へお見舞いに行きましたが、弟をとても可愛がっていました。

普段、アルコール消毒は大っ嫌いで全くしませんが、自ら進んでするようになり、挙げ句には私に勧めてくるほどですw

 

ここで学んだのが

 

「人間やらなければいけない環境、状況に追い込まれたり、身を置くと、必死に適応しようとする」

 

ということです。

 

妻が前日入院し、現在も入院中のため、泣こうがわめこうが私と一緒に過ごさなければいけません。

必然的に夜も妻の絵本の読み聞かせは不可能です。

 

こういった状況を長男が自分自身の中で受け入れ、いや正しくは受け入れなければいけない状況になったことで覚悟するようになったんだと思います。

 

そして、何とか適用しようと必死に頑張っているんだと思います。

 

そんな長男をとても愛おしく思います。

 

ここからが、今回伝えたいことになりますが

 

「もしアナタが何かに挑戦したい、変わりたいと思っているのであれば、半強制的でも構わないのでそういった環境に自分を追い込むのも、とても有効な手段です!」

 

人間は本質的に怠け者で、自分が居心地のいい場所、楽な方へ流れるため

「やらなければいけない、やらなければ終わってしまう」

状況に身を置けば必死になって頑張ります。

 

少し過激な例えですが

「●●までに英語が話せる様にならなければ処刑する」

と言われたら、何が何でも話せるように努力しますよね?

 

もちろん、死をちらつかせての追い込みは良くありませんが、それくらいの覚悟を持ってやればやれないことは何もないということです。

 

このことは誰にでも当てはまるため、もちろん私にも当てはまります。

 

私も必死に自分を追い込んでいくので、アナタも一緒に追い込みませんか?

そして、一緒に成果を出して成功を掴みとりましょう☆

 

 

では、第276回はおしまいです。